インフルエンザの判定と治癒報告書について

インフルエンザの判定は専用の検査キットで行われて、口の中のウイルスを採取することで、感染しているウイルスのタイプを確認します。会社や学校の場合は、治癒報告書を提出することで、出席が可能になりますが、新薬の開発によって、治癒までの期間が短くなっているので、企業によっては3日から5日程度で治癒報告書を提出することができます。インフルエンザは冬に感染することが多いのですが、近年では異常気象の影響で、沖縄などでは一年中インフルエンザによる感染者が多くなっています。高齢者が感染をすると合併症を引き起こすことが多いので、ワクチンを投与して、予防のための抗インフルエンザ薬などを準備する必要があります。予防的に薬を服用する場合には、家族内に感染者が出たことが前提となっていて、症状もないのに意味もなく薬を投与することは非常に危険です。治療薬はウイルスの増殖を抑制する作用がありますが、熱や関節痛を治療することはできないので、必要な場合にのみ解熱鎮痛剤を処方します。子どもたちの場合は、ボルタレンなど作用が強い薬を用いることで、脳にダメージを与える危険性があるので、原則禁止となっています。またワクチンなどが効きにくい豚インフルエンザが流行した場合には、タミフルなどの薬が処方されることが多くなりますが、副作用などの問題があるので、年齢や持病などを調べてから医師が薬を選択します。乳幼児は、吸入薬を使用するのが難しいので、薬局で処方箋を渡した時に、薬の吸入方法の指導を受けて、そのまま投与することもあります。高齢者は心肺機能が衰えているので、飲み薬が投与されることが多くなっていますが、内服すると確実に薬の成分を体内に入れることができるというメリットがあります。