インフルエンザ感染時に日本は何日休むことが一般的か

インフルエンザというのは普通の風邪等と比べて、とても辛い症状になることが多いです。熱も高熱になることが多いですし、身体中が痛くてだるくなってしまいます。それでは一般的な日本人がインフルエンザになってしまった場合、大体何日位、会社や学校を休むものなのでしょうか。
まず学校に通っている子供などの場合、親としては完全に良くなるまでは休ませたいと思っていることが多いでしょう。その場合は大体個人差というものもありますが、最低でも一週間は休ませたいと考えるものです。それから大人である社会人の場合はどうかと言うと、やはり一週間程度は休むと考えていることが多いものです。インフルエンザにかかって後半になってくると、罹り始めの頃に比べて体調も幾分楽になってきますので、本人としては会社に行きたい気持ちはかなり強いものです。しかしインフルエンザの場合は風邪と違って、完全に治るまでは出社しないと考えている人もとても多いです。何故ならインフルエンザは風邪よりもかなり感染力が強いですので、簡単に他の同僚や上司に移してしまうからです。他の従業員に移してしまえば、会社はかなりの損失になってしまい、迷惑にもなるでしょう。会社の損失になってしまった場合、全体の流れで見てみれば、自分自身のお給料やボーナスの額にも影響してきてしまいます。なので自分一人だけの問題ではないのです。そういった理由から大人である社会人の場合も、インフルエンザにかかってしまった場合は大体最適でも一週間は会社を休もうと考えている人が多いのです。
そして現代日本人というのはただでさえ会社を普段はなかなか休めないのですから、インフルエンザにかかってしまった時位はゆっくり休みたい、このような理由からたっぷり一週間休んでいる人も多いのです。